ボス引き・盾

野蛮の亀裂の担当の一つ、ボス引き・盾です。

ぶっちゃけ書くことそんなに無いと思います。

亀裂では、およそ5フェーズ毎にボスが出現します。

6:レッドノーズ

11:ギアス

16:臆病なベグ

21:ティティウム

25:オルグ

以上の5体。これらの猛攻を一身に引き受け、周囲への被害を抑えるのがお仕事です。

ボスの発生するフェーズになり、およそ50秒程度でボスが発生します。盾役を引き受けた人はフェーズ30秒後くらいには銃を収めて、亀裂に接近、待機しておきましょう。

ボスはザコと一緒に駆けてきます。基本的にヘイトスキルでボスをキャッチすることになりますが、周囲のザコMobの進行がジャマになり、ボスのキャッチに失敗してしまう恐れがあります。ここは職のスキルへの理解と、経験がモノを言います。

亀裂内のMobは通常の攻撃方法ではダメージが出ません。銃でないと、非常に時間が掛かります。ですので、盾役は攻撃ダメージよりも、スキルでターゲットを取得する方向で動きましょう。

ガードが使える職業がオススメです。と、言うのは亀裂内の敵を生む渦が非常に負荷が高く、普段どおりにはなかなか動けません。回避よりもガードで防ぐことができる職が有効です。WR、KT、VK等のヘイトコントロールが可能な職がオススメ。
(DKもKTからヘイトを奪えるようです。耐久性と相談してください。WTZは連撃に弱いうえに、元の耐久性が低いので微妙です)

ギアスは暴れん坊なので盾役はギアスとの距離を取り過ぎないこと。また暴れが酷いときは倒してしまったほうが良いこともあります。状況と相談しましょう。といっても盾役はボス対処に忙しいので、他の人の判断になりやすいです。

レッドノーズ、ギアスまでは殆どの攻撃が対単体攻撃ばかりなので捌きやすいですが、ベグあたりからは範囲攻撃を多く持ちます。ティティウム、オルグに到っては殆ど範囲攻撃です。なので、周りへの被害が出ない場所でひきつけるようにしましょう。

また、ティティウムは攻撃スキルに「大きくバックしての遠距離攻撃」があるので、亀裂を背にする際、距離を見誤るとバリケにティティウムが侵入する恐れがあります。亀裂に対し、自分とティティウムを水平に保つのがいいかもしれません。

   |                |
   |―――――――亀裂―――――――|
   |                |
   |         盾      |
   |      蛙         |
   |                |
   |                |
   |                |
   | ―バリケード――バリケード-   |
   |                |

更に、ボスの攻撃は建築物へのダメージが非常に高く、あっという間にバリケードや火炎塔は壊されます。なので、建築物へも近寄らないようにする必要があります。つまりは敵を生む渦の近くになります。

2017-09-22_715904336.JPG

渦は近寄りすぎると、硬直と共にノックバックが発生します。大ダメージに繋がる恐れもあるので、こちらも注意してください。

ボスを引くフェーズ以外は銃・火炎塔を利用してザコを倒す流れになります。建築士の設置状況を確認しつつ対応しましょう。

  • 最終更新:2017-09-23 10:22:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード